債務整理 種類

MENU

債務整理の種類について

債務整理の種類として以下がありますね。

 

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

 

任意整理は消費者金融のような貸金業者と話し合い、交渉により返済金額を見直す整理方法です。

 

良く債務整理と任意整理を混同される方がいますが、債務整理とは、任意整理も含めた借金整理法を言います。債務整理の種類の一つとして、任意整理という手続きがあるんですよね

 

私も任意整理を体験していますが、借金にかかる金利を0にしてもらいました。月々の返済額も、生活が圧迫されない範囲に抑えてもらいましたし、楽に借金返済が出来ていますよ。

 

利息制限法による引き直し計算によって、過払い金が発生していた場合は、過払い金返還請求でお金を取り戻せる可能性もありますね。私の知人の主婦が過払い金返還を行い、30万円〜50万円返還されました。

 

中には、旦那名義のクレジットカードを長期に渡って使い悩んでいたけれど、過払い金が発生していたので思い切って打ち明け、お金を取り戻せて良かった…というケースもあるようです。

 

そのような可能性もありますので、まずは弁護士や司法書士事務所への無料相談から始めると良いですね。私も司法書士にメール相談、電話相談、無料面談を行ってから正式依頼を行い、任意整理をお願いしました。

 

デメリットとしては、5年程度ブラックリスト(信用情報機関)に載ることがありますが、それは個人再生や自己破産も変わりません。

 

大幅な借金減額が期待できる個人再生

 

次に個人再生(個人民事再生)ですが、マイホームを残して借金整理したい場合や、任意整理で返済が厳しい場合に利用することが多いです。

 

裁判所への申請が必要なので、任意整理よりも複雑になりますが、弁護士事務所に依頼することで、あなたの代わりに手続きを行ってくれますね。

 

個人再生のメリットとして、任意整理よりも借金の減額率が大きいという特徴があります。債務の金額にもよりますが、借金が5分の1、もしくは100万円まで圧縮されます。

 

そのため、借金が100万円以上、200万、300万、500万…とあり、もう返済できない場合に利用すると良いでしょう。任意整理が良いか個人再生が良いかの判断については、相談先の法律事務所が行ってくれますね。

 

尚、個人再生は住宅ローン特則(住宅資金貸付債権の特則)を付けることで、マイホームを残して借金整理を行うことが可能です。ただし基準が厳格なのと、ケースによっては自己破産の方が良い場合もありますので、やはり法律の専門家に相談することをおすすめします。

 

最終手段としての自己破産手続き

 

最後に自己破産ですが、借金返済が不可能になった場合の最終手段ですね。一定額以上の財産をお金に換えて債権者に分配することで、借金を免除してもらうことが出来ます。

 

その分、債務整理手続の中で、最も厳格な手続きが必要となりますね。

 

たとえば借金の原因によっては自己破産(その後の免責)が出来ないこともあります。パチンコなどのギャンブル、買い物依存など浪費による借金がそうです。

 

ただし自己破産とその後の免責は、債務者が人生再建が前提にありますので、免責不許可事由があっても認められるケースが多いそうです。

 

弁護士に借金問題の解決を相談される方の多くが、「もう自己破産しかないのでしょうか…」と言われるそうですが、実際は上記で見たように任意整理、個人再生と手続きの方法があり、最終手段として自己破産になりますね。

 

自己破産のデメリットとして、「士業や損害保険代理店、警備員など一定の職業に就けなくなる」ということがありますが、破産後の免責決定で就業が可能になります。

 

自己破産を行っても戸籍に載ることはありませんし、選挙権が無くなることもありません。官報には掲載されますが、一般的に目にする機会が少ないと思われますので、周囲にバレる機会は少ないのではないでしょうか。

 

尚、個人再生手続きも官報に載りますが、任意整理は裁判所を介さずに行う手続きなので、官報に載ることはありませんね。

 

任意整理、個人再生、自己破産、どの手続きが良いかは、まず以下の借金解決シミュレーターを診断してみて下さい。債務の減額方法や本当の借金額などが分かりますよ。

 

街角法律事務所さんが提供している無料診断ツールなので、まずは気軽に使ってみて下さいね。

 

街角法律相談所 無料診断はコチラ!